Vox Populi. Official

EVE Online Japanese Alliance Vox Populi. Official Site

Vox Populi. State of The Alliance

 カプセラ各位

 初夏の風もさわやかな今日この頃、カプセラの皆様におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 去る平成27年2月1日、我々はPlacid完全制圧作戦を発令し、その実行に臨みました。作戦実行にあたり尽力いただいた各メンバー、並びに協力頂いた各関係会社様に、なによりもまず御礼を申し上げます。「民の声」をその名に冠したこのアライアンスは、まさしくPvPを行い、それを楽しみたいという、設立以来変わることのない真なる願いのもとに行動を続けてまいりました。私はひとりきりでこの戦いを始めたつもりでしたが、戦い始めてわかったことは、すべての作戦に私が寄与するところはあまりにも小さく、またささやかなものでしかなかったということです。
 Placidにおける情勢はこの半年のあいだに大きな変遷を遂げました。いまやすべてのPOSはLargeに置き換わり、Snuff BoxはRakapasに移動し、Overlord Everythingは解散し、WindrammersはBLに編入し、オーストラリア人が20隻のCapitalを乗り回し、Gallente MillitiaはVox Populi.のドクトリンすべてにアンチドクトリンを用意し、Shadow Cartelは息を潜め、韓国人たちはいつのまにかいなくなり、ロシア人たちはHyseraで惰眠をむさぼっています。
 我々がそこでどのような戦いを繰り広げたかは、先にも表明したとおり、Killboardやビデオに残された真実のなかにのみ残されています。それでいいのです。なぜなら我々は戦うことを条件として生き続ける幻影のようなものであり、その条件を満たすのは、過去の戦いではなく現在の、そして未来の戦いなのですから。しかしながら、アライアンスリーダーとしてこの場でほんの少しの脱線を許してもらえるなら、私はすべてのメンバーにこう伝えたいと思います。
「あなたがたはいままで誰も成し遂げられなかったことを行った」と。

 さて、我々は戦うための富を求めて力尽くで戦ってまいりました。戦うためには富が要り、富を得るためには戦わなくてはならない――この大いなる循環の矛盾に抗うため、幾多のFCが恐ろしい重圧から心身症を発症し、兵站に携わったメンバーは過労のために次々と入院し、大量のCapitalやDED MODを満載したドクトリン船が個々人の財布を手ひどく痛めつけながら轟沈しました。そして我々は半年間かけて10本以上の月を獲得し、わずか一ヶ月で10本を失いました。振り返ってみると、そこに残されているのは、いったんは叶えたものの磨き上げることを忘れられた夢の名残といっていいでしょう。
 では、我々はその夢の名残に固執し続けるのでしょうか? 考えてみなくてはならないのは、我々がいったい何を獲得したのか、日本人のみで構成されたアライアンスが日本語での軍事行動を行うことにどんな意味があったのか、という単純な疑問です。
 答えはとても単純です――力と富を求めて戦い続けた結果に我々が手に入れたのは、意外なことに、強さと名声、さらには設立当初から掲げていた超長期的目標の達成でした。
 我々だけが知っている冴えたやりかたに基づいて行われる軍事行動の規律、それからKillboardに残された、恐ろしく厳しいながらも健闘した戦いの記録が思わぬ形で結実し、我々に巨万の富と、新たな道をもたらしたのです。

 さて、前置きが長くなりましたが、Vox Populi. CEOとして、ここに宣言いたします。
 我々は平成27年5月17日を以てLowsecにおけるすべての軍事行動を終了し、新興勢力であるElite Space Coalitionに参画、Delve / Querious / Period Basisへの侵攻を開始します。

 我々の軍事的目標はふたつ――
 1.おそろしくヘヴィなPvPをできるだけ多く行うこと。
 2.上記リージョンのいずれかを完全に掌握し、Influence Mapに我々の名を刻みつけること。

 Elite Space Coalitionの軍事的目標はただひとつ――
 1.独立した軍事行動と規律を持ちながら、タイムゾーンや文化圏を異にするアライアンスが集結し、よりCOOLなPvPの機会を共有すること。

 我々はこの宣言に伴って、DelveはPR-8CAにステージングシステムを移行、すべてのドクトリン船艦を搬入し、平成27年5月23日、あるいは24日に最初の軍事行動を開始します。攻撃目標はThe Kadeshi / DARKNESSから成るDarkeshi Coalition、あるいはそれを妨害するすべての勢力であり、我々はそこで磨き上げた牙を存分に振るうことになるでしょう。
 
 まったくの偶然から開かれたこの新たなる境地において、我々がどのような運命を辿るのか、それは神のみがご存知であります。私は一九八五年にキューバで開催された第二回知識人会議において故ガブルエル・ガルシア=マルケスが行ったスピーチの一部をここに引用することで、我々が半年間に行ったすべての戦いの総括と、我々の行く手に待つ光にあふれた未来を指し示し、このSOTAを締めくくりたいと思います。

「〔…〕われわれには斬新さと美のエネルギーが備わっています。それがあるおかげでわれわれは自足しているのです。このエネルギーは、帝国の貪欲さや内なる圧制者の蛮行によっても、また、心の奥にしまい込んでいる夢を言葉にすることに対して太古からわれわれが抱いている恐怖によっても飼い慣らされることはないでしょう。革命でさえ文化事業なのです。われわれ全員が未来に深い信頼を置くように求め、それを正統なものにする創造的な召命であり、想像の可能性の全体的な表現にほかならないのです。」

以上

平成27年5月17日(日)
Vox Populi. CEO
RollStone

Vox populi, vox Dei.
Homo homini amicus est.
Ubi concordia ibi victoria.

民の声は神の声
我らは同胞
結束あるところに戦勝あり

サンデーナイト・フリーロームのお知らせ

ウォークスポプリーアライアンス
サンデーナイト・フリーロームのお知らせ

このたびウォークスポプリーアライアンスは、日本語話者であるEVE Onlineプレイヤーの皆様に

まったく新しい

イベントをご用意いたしました。その名も「サンデーナイト・フリーローム」。えっ、「仕事が忙しくて、サンデーナイト・フリーロームなんて聞いたことがないよ」とおっしゃる? ご安心ください。ウォークスポプリーアライアンスが誇る強靱な兵站能力と、熟達したFC陣による指揮系統のもと、我々はついに、日本語を使ってみんなでドンパチをやらかすという単純すぎる夢を叶えることができるのです! えっ、「ドンパチするのはいいけど、見たことも聞いたこともないフリートに参加して足でまといにならないかしら」って? ご安心ください。このフリートはじつに単純な戦術思想――ドクトリン――を基調とし、アライン、ワープ、ジャンプの意味が分かる初心者の方なら間違いなくついてくることができるシステムになっています。えっ、「参加するのはいいけど、船がないよ」って? ご安心ください。使用する船艦はこちらが指定いたしますが、その購入費用、輸送にかかる経費等はすべて我々が負担し、参加者の皆様からはビタ1iskも

いただきません!

それでももし内容にご不満がおありでしたら、一週間以内であればクーリングオフ制度――つまり使用した船艦を我々に返却していただき、新品の同船艦と交換させていただきます!
参加の御意志がある皆様は、指定した場所に時間通り来て頂ければ、訓練されたスタッフが応対いたします。それでは皆様、サンデーナイト・フリーロームで、宇宙の果てへの旅と確実に約束されたドンパチを、どうぞお楽しみ下さい。

集合場所: Villore VI – Federal Defense Union Logistic Support
集合日時: 4/12(日)21:00 – 日本時間

Vox Populi. CEO
RollStone

下記、使用船艦要件

[Caracal, Vox Caracal]

Ballistic Control System II
Ballistic Control System II
Capacitor Power Relay II
Damage Control II

Large Shield Extender II
Experimental 10MN Microwarpdrive I
EM Ward Amplifier II
Kinetic Deflection Amplifier II
Thermic Dissipation Amplifier II

XR-3200 Heavy Missile Bay
XR-3200 Heavy Missile Bay
XR-3200 Heavy Missile Bay
XR-3200 Heavy Missile Bay
XR-3200 Heavy Missile Bay

Medium Anti-EM Screen Reinforcer I
Medium Anti-Explosive Screen Reinforcer I
Medium Core Defense Field Extender I

Warrior II x2

[Scythe, Vox Scythe]

Damage Control II
Power Diagnostic System II
Power Diagnostic System II
Power Diagnostic System II
Co-Processor II

Eutectic Compact Cap Recharger
Large Shield Extender II
Adaptive Invulnerability Field II
Adaptive Invulnerability Field II
Experimental 10MN Microwarpdrive I

Medium S95a Remote Shield Booster
Medium S95a Remote Shield Booster
Medium S95a Remote Shield Booster

Medium Anti-EM Screen Reinforcer I
Medium Core Defense Field Extender I
Medium Core Defense Field Extender I

今日という幸運な日

今日という幸運な日

カプセラ各位

今日という幸運な日に我々が収めた成功は、このあまりにも広大なEVEの宇宙からすれば大したことではないかもしれません。現在もプレイを続けている多くの日本人たちがゲームを始めるきっかけとなったAsakai戦役、現実と虚構の境界線を飛び越えてあらゆるメディアが報道したB-Rの大虐殺などと比べれば、宇宙の片隅の辺境で起こったひとつの紛争という表現ですら誇張になるでしょう。しかしこの成功は、目標をしっかりと見据えて戦い続ければ、勝とうが負けようがそれ以上の報酬が与えられるという、古き良き原則がもういちど実践されたことの証明くらいにはなるでしょう。

http://killboard.voxpopuli-eve.com/?a=kill_detail&kll_id=7886

このキルメールに集約されているのはすべての努力であり、それは人に見せるべきものではありません。作戦において行われるあらゆる判断が、作戦が実行されるその瞬間まで幾日もかけて練り込まれたこと、何人ものFCがそれぞれの持ち場でしっかりとした仕事をこなし、また兵士たちもその仕事にしっかりと応えてこの実りある成功に結びつけたことなどは――私がこうして語らなければ残ることはありません。現場に居合わせたすべての人間が、どれくらい頑張ってProteusのRailgunをリロードし、忘れずに砲火していたか、といった程度のことはキルメールが語ってくれるでしょう。その裏に隠れたあらゆることは、我々だけが知っているミステリアスな冴えたやりかたに依存しており、ユネスコがやってきて無形文化遺産に登録してくれるか、映画監督がやってきてドキュメンタリーを作ってくれるか、気の利いたメンバーがビデオをアップロードしない限り、知られることはないでしょう。

Vox Populi. CEOとしてここに宣言いたします。本日平成27年2月1日を以て、我々Vox Populi.はPlacid完全制圧作戦を実行します。この肥沃な宇宙に眠るあらゆる富を奪うため、そして奪ったものを守るために、起こりうるすべてのPVPを行います。手に入れた富は再分配され、次なるPVPのために消費されていくことでしょう。

Vox populi, vox Dei.
Homo homini amicus est.
Ubi concordia ibi victoria.

民の声は神の声
我らは同胞
結束あるところに戦勝あり

Vox Populi. CEO
RollStone

創設ごあいさつ

晩秋の寒さが身に染みる時節、カプセラの皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

去る2014年11月4日、我々はPvPアライアンス Vox Populi. を設立いたしました。設立にまつわる種々のタスク処理に奔走し、尽力して頂いた皆様方に、なによりもまず御礼申し上げます。また各種調整に尽力していただいた連合各社 CEO、Director の皆様方にも重ねて御礼申し上げます。この戦闘集団を率いる役目を負うことは、多くの不安もありながら、大変光栄なことと存じます。

さて、我々がより強く、より COOL になるためには、今後とも皆様のご協力が不可欠でございます。アライアンスに加入された各社社員の皆様、またそれ以外の皆様も、どうか気を遣わずに発言していただきたい。何といってもこれはゲームであり、この虚構の世界においては、有史以来人々の声がいとも簡単に歴史を動かしてきたのですから。

“Vox Populi” はラテン語で「民の声」を意味し、民の声は神の声と謡う古代の詩歌からの引用です。この名前が代弁する通り、我々は民の声に耳を傾け、それをもって神の声と認識し、主体的に行動を起こしてまいります。というよりもむしろ、我々自身こそが民の声なのです。いままで日本人コミュニティが欠いていた、「自律した軍事行動」と、これにまつわる幾多のフリート戦こそ、我々が求めていたEVEの遊びかたであり、自由の一形態であると言えましょう。つまり日本人にとって最も新しい楽しみがここにあるのです。

そしてこの目の眩むような自由のもと、我々が獲得した戦果は、誰のものでもない我々の物となります。そこに生まれる責任は、自ずとアライアンスに所属するメンバーたちの行動規範となるでしょう――手に入れたものを守るのは我々自身であり、より多くを求めて旅立つのも我々自身なのです。

では最後に、Giedrius Svilainis による詩歌、”Vox Populi” を以下に引用して、当連合の信条とすることを宣言いたします。

Vox populi, vox Dei.
Homo homini amicus est.
Ubi concordia ibi victoria.

民の声は神の声
我らは同胞
結束あるところに戦勝あり

Vox Populi. CEO
RollStone